FC2ブログ
        

禁忌の獄11(十一ノ獄) ジャンヌダルク希望の大聖女が大活躍!

2018/ 07/ 31
                 

今回は禁忌の獄11(十一ノ獄)でジャンヌダルクを使ったパーティーをご紹介。

闇属性のジャンヌダルクがどれだけ使えるのか?

禁忌の獄11(十一ノ獄)で手持ちが少なく、ジャンヌダルクを持っている方におすすめです。



やっと十一ノ獄クリアできました!((O(≧▽≦)o ワーィ♪

しかし本当に辛かったですね~

ボスまでの道のりが遠い遠い。

しかもボスに行ってもやられて、はい最初から~って(´;ω;`)


やられるときは即死攻撃なんで、やられる前に脱力感が襲ってくるんですよね…

初期の覇者の塔31階で味わったあの感覚、いや~なやつですw


そして、なんと言っても適正が少ない><

水属性でアンチ重力、アンチワープの反射っておらんやん!

って感じですよね。


で、苦し紛れでジャンヌダルクを連れて行ったんですが、なかなか良かったのでご紹介します!

適正が無いと苦しんでいる方へ、ジャンヌダルクは選択肢に入れてもOKですよ!

禁忌の獄シリーズのまとめ記事はコチラ↓






禁忌の獄11(十一ノ獄) パーティー説明


キャラ名特徴
ノブナガX
(獣神化)
  • 短ターンの大号令SSが強力
ジャンヌダルク
(獣神化)
  • ギミック対応
  • キラーと超AWで火力を出せる
MDTスカイアーマー
(進化)
  • パワー型で高火力
ゲンナイ
(進化)
  • 超AWで火力を出せる
  • 自強化SSが強力


パーティー全体のポイント


動けるメンバーを集めました。

という感じです。

セオリー通りの攻め方をするパーティーですね。

加撃の実で攻撃力を上げればかなり楽になりますよ。

キャラ別のポイント


各キャラのクエストにおけるポイントです。

ノブナガX(獣神化)


最初に配置することで、ワープが無い状態で打てるようにしていくと良いです。

殴りも友情も強く、困ったときは大号令。

パーティー全員の巣アビがAGBなので、相性も良いです。


ただ、ワープが出ると動けません。


ジャンヌダルク(獣神化)


属性有利は無くなりますが、それを補うGBキラーと超AWが強い!

元々ステータスも高い為、水属性キャラと同じようにダメージが入ります。

そして友情のパワーアップが地味に良い働きをして、今までミリ残りしていた状況がミリ残らないになりました。


SSの貫通変化も充分に強く、確実に狙ったところを打ち抜ける為、打ち漏らしの雑魚処理にも使えます。

被ダメが大きいので、ケガ減りの実で対策をした方が良いです。


MDTスカイアーマー(ジェラルドG蒼野 進化)


1体ならそこそこの働きを期待できます。

攻撃力が高いので、弱点に一度当たるだけで結構なダメージを稼げます。

しかし、足が遅いのでもう一撃が届かないことが多いです。

一番役立ったのは友情の爆発で、ジャンヌダルクが自分にパワーアップを掛けられるのが大きかったですね。


SSは加撃特級を食べていれば、蘇生しあう魔導士の間に入るように打つと同時に処理できます。

使い道はそれだけなので、ガンガン打っていきましょう。


ゲンナイ(進化)


この十一ノ獄においての最適クラスですね。

アビリティ対応に自強化SS。

ステータスは低めですが、超AWとジャンヌダルクのおかげで火力は出せます。


真の最適性はドナルドです。



禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE1


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE1
最初はテンプレの通り!と行きたいところなのですが、確実なのは1手目のみ。

2手目、3手目は他の攻略サイトにも花を狙うように書いていますが、正直微妙です。


初期位置が毎回違い、結構シビアなポイントとイレバンしやすい角度になっているので上手くいったらラッキー程度に考えておいたほうが良いです。

私はここで確実性を高める為に、以下の手順です。
(番号は画像を参照してください)

①左下のサメを普通に倒す。

②横少し上に弾いて上に配置

③右ブロックと右下サメの間に入ってサメを処理

④上の壁に反射させて魔導士を同時処理

⑤右上の壁とシュモクの間に入ってシュモク処理(入りやすいです)

⑥横カンで左シュモクにダメージを入れる

⑦横カンで少しづつ上がりシュモク処理


②の配置の所でブロックに変な当たり方をして、下に行ってしまわない限り、安定に行けますよ^^

禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE2以降の共通ポイント


蘇生しあう魔導士、レチリなど、セットをしっかりと把握します。

まあ、大体隣り合っているので分かりやすいですが・・・


共通のポイントとして、魔導士は縦か横並びで配置されているので、間に薄い角度で入れるようにします。

壁やブロックの判定が分かりづらくなってしまったりするので、しっかりと慣れて、感覚をつかみましょう。


倒せる確率の高いペア、又は単体から倒していくと良いです。

ジャンヌダルクのパワーアップを拾っていけば、意外とスムーズに倒せますよ。


もし、1セット2体だけ残るようであれば、蘇生を利用してSS溜めをするのも良いです。

ノブナガXの号令が打てれば非常に楽になりますからね。

短いターンのノブナガXの大号令は、打とうかな?と思ったら打っていきましょう。


この十一ノ獄は雑魚を処理してナンボです。

号令やメテオで処理すると、中ボスにはSSを使わなくてもすぐに倒せますからね。




禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE2


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE2
全体的に少しづつ削っていくのも有りです。

倒せるセット又は単体から倒していきましょう。


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE3


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE3
真ん中の魔導士は最優先で倒します。

レチリとシュモクのセットは外側(壁側)から45度で挟まりにくいので、内側から挟まりましょう。

上下の壁とレチリの間に入っている場合は薄く縦カンで出てくるように弾きます。

が、どちらかと言えば、入っていくように弾く方が倒しやすいですね。




禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE4


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE4

かなりいやらしい配置になっているので、ゲンナイかノブナガXのSSで処理すると楽になります。

右上魔導士セットを意識すると良い結果になりやすいですよb

早めに雑魚処理が出来るのでお勧めです。


しっかり早く雑魚処理をして、中ボスの即死ターンを確認しながらSSを少しでも溜めましょう。


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE5


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE5

ここもまずは雑魚処理です。

上のシュモク2体は真ん中からの横カンで両方処理します。

下のシュモクは真ん中から打ってもゲンナイ+パワーアップなら処理できますが、それ以外はミリ残りします。

しかし、全回復する訳ではないので、続けてダメージを入れれば両方処理できます。

配置によっては片方づつ確実に倒してもOKです。



禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE6(ボス1)


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE6(ボス1)

雑魚を倒すスペースが有るので、比較的他のステージより楽です。

基本的には横方向をメインに弾いていきます。

下の進化前アヴァロンの攻撃が痛いので、先に倒しておくと楽です。


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE7(ボス2)


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE7(ボス2)
初っ端からノブナガXかゲンナイのSSを打ちたいですね。

雑魚が減って、状況が有利になりますよ。

又は地道にセットや単体を倒していくのですが、敵の配置がいやらしいのでSSの方が楽です。


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE8(ボス3)


禁忌の獄11(十一ノ獄) BATTLE8(ボス3)

魔導士のセットは縦で入ることが出来れば良いですが、そうでなければ横方向で弾きましょう。

他の雑魚も基本は横方向で弾くと処理しやすいです。


また、ボス2戦目でSSを早いうちに打っておけば、ノブナガXなら1段階目のSSをもう一度打てます。

ボスにダメージを入れるよりは雑魚処理に使う方が全然良いです。

画像のSSはMDTスカイアーマーのSSの打ち方です。

図のように打てれば魔導士1ペアだけは処理出来ます。


雑魚を処理したら、あとはボスを倒すだけですね。


            

禁忌の獄11(十一ノ獄) ジャンヌダルク希望の大聖女が大活躍! まとめ



・ジャンヌダルクのキラーと超AW、友情のパワーアップが優秀!

・迷ったらノブナガXのSS大号令を使う

・SSを使ったら極力溜めてからステージ突破する

・とにかく雑魚優先で、即死に気を付ける

このクエストは同時処理が難しかったですね。

ダメージを与えるには位置取りが大事です。

しっかりと位置取りをしていきましょう!


とりあえずこれで悪夢からは解放されましたw

っと思いきや・・・

十二ノ獄も相当鬼畜ですね…

そんな鬼畜な禁忌の獄12(十二ノ獄)はコチラ↓


禁忌の獄まとめ記事はコチラ↓



本日はこれまで!

では!
関連記事



タグリスト: 禁忌の獄

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、よろしくお願いします!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

            
                                  

コメント