FC2ブログ
        

羊毛フェルトで黒猫さん作ってみた!その2

2018/ 07/ 17
                 

前回の羊毛フェルトで黒猫さん作ってみた!その1では黒猫さんの頭だけでした。

しかし、このままでは黒猫さんは生首のまま・・・

やはりやる限りは全部作ろうぜ!

という訳で、この「羊毛フェルトで黒猫さん作ってみた!」はシリーズ化です!


とはいえ、羊毛フェルトは頭部でも2回目なのに、胴体なんて初めてでどうすれば良いか全くわからない・・・


いろいろな羊毛フェルトのサイトを回ってみてわかったことが二つありました。


・全体のできあがりのイメージをもつ!

・針金を組んで胴体の骨組みを作る!




今回はこの2点を進めていきます。


羊毛フェルトで黒猫さん作ってみた!
~全体をイメージする~


イメージで持っていたのは2足歩行スタイルの黒猫さん。

執事みたいな感じの黒猫さんにしたいな~と思っていました。

で、こんな感じ。
kuronekosanimage.jpg
下手でスイマセン^^;

まあイメージなんで、適当感満載ですねw

この時、単にこんな感じ~っていうのではなく、骨格とかが意識できていれば次の作業が楽だったな~という感想を持ちました。

羊毛フェルトといえど、像とかフィギュアとかと同じ考えが必要なんですね。

次の作品では骨格もイメージしてみようっと!


羊毛フェルトで黒猫さん作ってみた!
~針金で骨組みを作る~


針金~ってそんなもん常備してるかいっ!

っという訳で100均に買いに行きました。

みんなのヒーロー、DAISOさんです。

適度な太さと曲げやすさ、切りやすさを考慮して、アルミの針金にしました。


思惑通り、柔らかく、切りやすい!

しかし、ここで問題が発覚。


<一つ目>

黒猫さんの全体イメージの項目でも書きましたが、骨格まで意識していなかったこと。

骨格がつかめていないので、どういう風に針金を組んだ方が良いのか分からんかったのです。

結局、羊毛フェルトのサイトで検索して見よう見真似で組みました。


<二つ目>
アルミ針金は柔らかいんです。

1本では柔らかすぎて形がすぐに崩れてしまうんです。

あっち曲げたらこっちが曲がり~

こっち直したらあっちが曲がり~

んが~!(#゚皿゚) キーッ!!


ですので、2本をより合わせて作りました。

まあ、柔らかいんで2本重ねても全然曲がるし、切りやすいんですけどね。


嬉しい誤算としては、2本をくるくるしたことによって、いろいろな所にスキマが出来たんです。

それによって、補強や部品の付け足なんかが簡単にできました。



以上全てをひっくるめた写真がコチラ!
骨と針金とペンチ

タイトルは「骨と針金とペンチ」です。

愛するあなたのため~毎日磨いていたいから~♪、とか、嘘をつくと右の眉が上がるとかの歌がモチーフです。

分かる人にはわかりますが、すいません、全然関係ありませんwww


話を戻しまして・・・

骨組みはしっぽ以外全てつながっています。

切るのが面倒だったので、一気に仕上げました。


ただ、骨組みをした時にしっぽを忘れていまして、そこは急遽付け足し。

針金2本をより合わせたことで付けやすかったですね。


ここまで組みましたが、どうもイメージが・・・


あ、そうだ。

頭を乗せたらイメージできるんじゃね???
(いやな予感しかしないw)

という訳で黒猫さんの頭を乗せてみました。

骨組みの黒猫さん

(´・ω・`)

ち~が~う~し~www

なんか黒猫というかロボットというかwww


しかも、写真ではわかりませんが、針金に刺しているだけなので重さでこっち向くんですw

くるんってwww


肉付けでどこまで修正出来るんだろう・・・

もし、イメージ通り出来なかったら・・・

ガンダムの胴体付けてやろうっとwww


うまく最後までたどり着くのかかなり不安ですが、出来るだけ頑張ってみます!

次回の羊毛フェルトシリーズは針金に肉付け編の予定です。


それまで、自分に肉が付かないように気を付けよ~っと。



本日はここまで!

では!

ブログランキングに参加しています!ポチっと応援、よろしくお願いします!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

            


コチラもどうぞ!
ゲーム大好きな管理人がビジネス系ブログも書いています。
”楽しくなければ仕事じゃない!
ゲームの考えを入れるだけで仕事は楽しくなる”
げったま通信~ビジネス館~



はてなブックマークへの登録お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加             
                                  

コメント